自分の中で新しい道を見出せるかもしれない大阪の風俗

脚を組む人

大阪の風俗で新しい快感を発見しよう

男性の数だけ性癖があると言っても過言ではありませんが、そんな様々な性癖のほとんどを受け入れてくれるのが大阪の風俗業界です。大阪には日々たくさんの人が行きかうため、風俗店もそれだけ発達しているのですが、今回は大阪の風俗店のなかでもMな男性に打ってつけの性感風俗についてご紹介していきます。
性感は他の風俗と比べると、男性が受け身である状況に置かれやすいため、自然とM男性向けのサービスを展開しやすくなっています。こういったお店は俗に痴女系性感とか、M性感などと呼ばれています。例えば、ドライオーガズムが体験できるサービスも大阪の性感風俗にはあります。これは、性器を直接刺激するのではなく、肛門から前立腺を刺激して、射精を伴わずに快感を得るというものです。
これは通常の射精と違い、発射による体力の消耗がないため、回復を待つ必要がなく、何度も快感に達することができます。最初は不安を抱えていた男性も、大阪の上手な風俗嬢によって「開発」されて、新しい道を踏み出すという人が後を絶ちません。やはり肛門から刺激を加えるわけですから、それなりにテクニックのある女性がいるお店にしたほうがいいでしょうね。乱暴なプレイが好きと言う方は、あえて下手な女性のいるお店を選ぶというのもアリかも知れません。

大阪で気楽にスッキリできる風俗といえばピンサロ

性欲が溜まってきても仕事で忙しい男性はソープで長時間遊ぶこともできませんし、そもそもそんな体力も残っていないという人もいることでしょう。そんなときは大阪のガッツリ系の風俗店に行くよりも、大阪のピンサロで手早く気軽にスッキリしてしまったほうが、良いかも知れません。
ピンサロは、女性と楽しくお酒が飲めるという点ではキャバクラに似ているのですが、それにプラスアルファして、手や口でフィニッシュまで導いてくれるという点が異なっています。そのため、とにかく発射できればいいと考える男性からは非常に評判の良い風俗店がピンサロなのです。サービスは基本的に女性一人がしてくれるのですが、なかには女性が交代で相手をしてくれるお店も大阪には存在しています。
ピンサロの特徴として、他の風俗店よりも割合若くてカワイイ女性が働いている可能性が高いというところです。他の風俗だとハードな体の接触など、女性に求められる条件が高いのですが、ピンサロは軽いスキンシップとフィニッシュを手伝いするだけでいいので、軽い気持ちで働く女の子が多いのです。そう考えると、ピンサロはただお酒を飲んで触れないキャバクラよりも、ずっとコスパが高い風俗店と言えるのです。皆さんも楽しくお酒を飲みながらスッキリしてみませんか。

女性に飽きたら大阪のニューハーフ風俗に行こう

大阪の風俗好きな男性が女性に飽きるということは考えにくいですが、ちょっと違う刺激を受けてみたいと考えることは一度や二度ではないはずです。大阪では、そんな男性のためにニューハーフ風俗がいくつか存在しています。元男性であるニューハーフ嬢に苦手意識を持たれる人もいるかも知れませんが、実はニューハーフの人には女性とはまた違った魅力がたくさん詰まっているのです。
まず、元は男性であったため、男性の精神構造や性感帯などをよく理解しています。そのため、いざプレイになった時でも痒いところに手が届くような、きめ細やかなサービスを提供してくれます。
ニューハーフ風俗嬢の下半身の状態は人によって異なるのですが、男性器をそのまま残していたり、部分的に残していたり、あるいは全てを取り除いていたりと、大まかに三つのタイプに分けられます。一番女性に近いのは三番目ですが、上半身は豊胸やホルモン注射などで女性らしくなっているのに、下半身だけ男性というのも、普段はできないような体験と言えますので、残しているニューハーフ風俗嬢と遊んでみると、新しい扉が開けてくることでしょう。こういったニューハーフ風俗は大阪に何店舗かあります。どのお店も美しい人ばかりがいるので、ぜひ利用してみてください。

注目の記事